広島市で平屋の家・新築一戸建てなら日興ホームへ開放的な平屋の暮らし

コンセプト

現代の住宅の寿命は30年以上と長く、その年月の中でまわりの環境や家族構成、生活スタイルも少しずつ変化します。
長く住み続けるための心地よさには、シンプルな美しさが不可欠です。
原初的で素朴な形の中にこそ、長く心地よさを感じることのできる暮らしがあると考えました。
こうした発想のもと生み出されたのが、切妻屋根をもつ平屋の家、casa basso(カーサバッソ)です。
平屋は狭いのでは、と思われる方もいるかもしれません。
けれど、この家は廊下や階段をもたないため、28坪すべてが居住空間。
各部屋に十分な広さが確保されています。
さらに、床から続く縁側が室内と庭に一体感をつくり出し、ここでしか味わえない、広々とした豊かな空間が誕生しました。

長く住み継ぐ平屋の家

いつも家族が見える安心感が心地いい。開放的なリビング・ダイニングキッチン。

すべての空間がワンフロアでつながる開放的な大空間。
常に家族の顔が見えコミュニケーションも自然と増えます。
アイランド型のキッチンでは対話が生まれやすく、料理をしながらの家族団らんや、友人・親類を集めたホームパーティーなども楽しむことができます。

家の中と外とのつながりを楽しむ、すべての無駄を省いた広い室内空間。

家の外と中とのつながりを楽しめるように、室内は視野の広さを大切に設計しています。この広い空間はライフスタイルに合わせて仕切りながら使うことも可能。
LDKと庭との間にデッキを設ければ、雨の日の過ごし方にもさらに広がりが生まれ、心豊かな暮らしを思い描くことができそうです。

軒の深さは1m35cm。優れた環境調節機能を発揮。

印象的なのはシャープでモダンな切妻屋根。
南側には建物や室内を雨風から守る、1m35cmの深い軒が設けられています。
深い軒は夏の強い日差しを遮って室温の上昇を防ぎ、冬の柔らかな日差しは取り入れて室内に熱を取り入れる優れた環境調節装置。エアコンの稼働率が下がるため、光熱費の削減にもつながります。
すべての部屋は広い開口とデッキを介して庭との一体感を楽しめます。