casa basso(カーサバッソ)

中間領域を大切にした平屋

casa basso(カーサバッソ)は、建築家・柳瀬真澄氏の「家の内部でも外部でもない中間領域を大切に考えたい」という思いを体現した家です。すべての部屋が広い開口とデッキを介して外とつながり、平屋の特徴でもある水平方向への視界が、中間領域と見事に溶け合います。室内は、垂直方向へも広がります。天井高はもっとも高いところで4メートル超。平屋ならではの屋根の形を生かした空間づくりによって、室内はより伸びやかな印象に。
「平屋であること」と「中間領域を大事にしたこと」の相乗効果が、ここにしかない心地よさを生み出した家。それが「casa basso」です。

いつも家族が見える安心感が心地いい。
自然とみんなが集まる空間構成。

左右に振り分けた個室の真ん中にLDKを置き、玄関やトイレにもリビングを通っていく間取り。さらにLDKに生活機能を集中させることで、家族全員が同じ空間に集まる時間帯が多くなります。個室の壁の上部が解放されているので、どこにいても家族の気配を感じながら過ごすことができます。

家の中と外とのつながりを楽しむ、すべての無駄を省いた広い室内空間。

すべての部屋に通じる長いウッドデッキと、そこにつながる大きな窓がcasa bassoの特徴のひとつ。中間領域を大事にしたことで生まれる自然との一体感は、住まう人に開放的な気分をもたらします。朝、キッチンにたって、季節の移り変わりを感じられる。そんな贅沢が、暮らしをより豊かに彩ります。

軒の深さは1m35cm。優れた環境調節機能を発揮。

印象的なのはシャープでモダンな切妻屋根。深い軒の出は、1メートル35センチ。これは、室内に取り入れる日光量を適切にコントロールして、春夏秋冬、どんな季節でも室内を快適に保つために導き出された長さです。雨の日に窓を開けていても、ほとんど降りかかってきません。さらに、ちょうどいい具合に外の景色を低く抑え、落ち着きをもたらしてくれる長さでもあります。
どの角度から見ても端正で、凛とした佇まいの外観を形づくる屋根は、強い日差しや激しい風雨に耐える丈夫さも併せ持ちます。

OTHER LINEUP

日興ホームの平屋住宅ラインナップ

広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求