長期優良住宅

永く快適に暮らせて、税金もお得になる長期優良住宅

長期優良住宅制度とは?

長期優良住宅制度とは?

「長期優良住宅」とは、2009年6月4日に施行された「長期優良住宅の普及促進に関する法律」(長期優良住宅法)で定められている基準を満たしている住宅です。
「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」ストック型社会に対応した長期優良住宅。この、国が定めた「長期優良住宅」認定基準をクリアして認定されると、住宅ローン減税で優遇措置が受けられたり、住宅資金贈与の非課税枠が拡大されたりといった、さまざまなメリットがあります。

性能項目 主な基準 等級(日本住宅性能表示制度)
耐震性 地震に強い家であること 耐震等級2以上
省エネルギー性 省エネ性能が配慮された家であること。省エネルギー判断基準(平成11年相当)に適合する 省エネルギー対策等級4
劣化対策 次世代に渡り永く住むことが可能な家であること(構造躯体が約100年以上継続使用可能な措置が講じられている) 劣化対策等級3
維持管理・更新の容易性 耐用年数が短い内装・設備のメンテナンスが容易であること 等級3
維持保全計画 定期点検・補修等の計画が策定されていること
戸面積 良好な住居水準確保のために必要な規模を有すること(75㎡以上で少なくとも1つの階は40㎡以上 ※階段部分を除く)
居住環境 地域の街並みに調和すること

※日本住宅性能表示制度とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)にもとづいた、住宅性能を表示しなければいけない制度です。

長期優良住宅に認定されるメリット
  • 所得税の住宅ローン控除額の拡大
  • 登録免許税の軽減
  • 不動産取得税の軽減
  • 固定資産税の軽減
  • 住宅ローン金利の優遇
長期優良住宅に認定されるメリット

長期優良住宅 優遇措置の内容

優遇措置 一般住宅 長期優良住宅
所得税軽減(住宅ローン減税) 控除率 年末ローン残高1.0%(10年間)
最大控除額 200万円(10年間合計) 500万円(10年間合計)
登録免許税の軽減 所有権保存登記 0.15% 0.1%
所有権移転登記 0.3% 0.2%
抵当権設定登記 0.1% 0.1%
不動産所得税の控除額 1,200万円控除 1,300万円控除
固定資産税の軽減 1~3年目 2分の1軽減 1~5年目 2分の1軽減
住宅ローン金利の優遇 住宅金融支援機構
住宅ローン
(フラット35に適合の場合)
最長35年固定金利
フラット35Sエコに適合可

※2015年9月現在の情報を掲示。※住宅ローン減税については、平成26年居住の場合の数字。
※プラン等のご要望によっては該当しない場合がございます。
※地域や商品・プランによって一部対応が異なる場合があります。
※年間等により各優遇措置は異なる場合がございます。※各種優遇については期限や一定の条件がございます。
※長期優良住宅の優遇を受ける場合には認定の申請取得が必要になります。
※金利優遇については募集金額に達する見込みとなった場合は申込期限前でも申込受付が終了となる場合がございます。

長期優良住宅を申請するためには?

長期優良住宅を申請するためには?

長期優良住宅の認定を受けるためには、着工前までに申請を行わなければいけません。
しかし長期優良住宅に関する知識が不足している住宅会社では、申請の手間を省くため、お客様から相談に対応しないところもあると聞きます。
日興ホームでは、長期優良住宅に認定されうる住まいを建て、申請を行い、また住宅の維持保全までサポートいたします。

長期優良住宅について詳しくは、日興ホームまでお問合せください。

お問合せ 資料請求