家づくりの流れ

日興ホームでは、最初のご相談から工事、お引渡し、そしてアルターメンテナンスまで、ワンストップで自社にて行っています。それによって、お客様へのきめ細かい対応を実現することができるからです。そこで日興ホームの家づくりの流れをご紹介します。

Step.1 ご相談からお申込みまで~何でもご相談ください!

住まいご相談

01無料住まいご相談

まずは日興ホームとの出逢いから。ここから家づくりのスタートです。家づくりのことなら何でも日興ホームにご相談ください!

ご要望の確認

02無料ご要望の確認

スタッフがお客様から、間取りプランや資金計画についてのご要望をお聞きします。家づくりの夢やご要望をお聞かせください。

敷地の調査

03無料敷地の調査

注文住宅づくりで大切なのは土地選び。土地の条件次第で、どんな家が建てられるかが変わりますので、入念に調査します。

プランのご提案

04無料プランのご提案

お客様からお聞きしたご要望を、具体的なプラン図や資金計画書など形にしてご提案しますので、じっくり内容をご検討ください。

基本設計申込

05無料基本設計申込

提案内容をご検討のうえ、日興ホームが家づくりのパートナーとして相応しいとご判断くだされば、基本設計のお申込みを頂きます。

お見積書提出

06無料お見積書提出

基本設計の内容に基づいて、決定プランとお見積書を提出いたします。ここまでは費用はかかりませんので、安心してご検討ください。

ご契約

07ご契約

基当社が家づくりのパートナーとして相応しいとご判断いただければ、正式にご契約となります。ここからが、家づくりの本当のスタートです。

ショールーム

08ショールーム

当社のショールーム・モデルハウスにて外装、内装、設備など、すべてお客様に確認しながら、お色なども決めてまいります。

詳細打合せ

09詳細打合せ

続いて住宅ローンや役所の手続き、工事からお引渡しまでの流れをご説明いたします。ここから家づくりが本格的に始まります!

関連ページ

土地の基礎知識
モデルハウス
コンセプト住宅

Step.2 住宅ローン手続き~着工前の事務手続きを行います

融資審査・申込み

10融資審査・申込み

金融機関にて、融資の事前審査及び本申込をしていただきます。

地盤調査

11地盤調査

建築現場の地盤に問題がないか、しっかりと調査します。

最終仕様決定

12最終仕様決定

お打合せにて、建物に関する最終の仕様を決定します。

追加変更契約

13追加変更契約

仕様に変更があった場合は、追加変更契約をしていただきます。

確認審査提出

14確認審査提出

役所に必要書類を提出し、建築確認を申請します。

着工前確認

15着工前確認

工事に入る前に社内で全ての確認を行います。いざ着工へ!

関連ページ

土地の基礎知識
モデルハウス
コンセプト住宅

Step.2 住宅ローン手続き~着工前の事務手続きを行います

解体工事

16解体工事

建て替えの場合は、現在お住まいの家を解体し、更地にしてから工事を行います。新築の場合、この解体工事はありません。

地鎮祭

17地鎮祭

工事に入る前には、地鎮祭を行います。その土地の神様(氏神様)を祀り、工事の安全と無事を祈願します。

着工

18着工

ついに工事がスタートです!まずは家の土台となる基礎工事から、続いて配筋工事へ。ここで厳格に配筋検査を行います。

上棟

19上棟

基礎工事に続いて、住宅の骨格である柱や梁といった構造体を組み上げます。これを「上棟」と言い、組み上がれば「上棟祭」を行います。

完成

20完成

安心してお住まいいただくための構造躯体検査、竣工検査を経て、ついに夢のマイホームが完成! お客様に最終確認をしていただきます。

お引渡し

21お引渡し

お客様の最終確認まで完了したら、お引渡しとなります。ご精算の終了とあわせて、新居の鍵をお渡しします。

ご入居

21ご入居

マイホームでの生活がスタート。ご入居の際には記念写真を撮ります。日興ホームでは、ご入居後もアフターサポートを実施しています。

第三者機関によるチェック・検査で安心の家づくり

工事に先立って、専門会社が地盤調査を行い、地盤強度を判定します。地耐力に問題がある場合には、地盤改良工事が行われ、しっかりとした基礎となるよう保証がつきます。
また、基礎の配筋や型枠に問題がないか、第三者の検査機関のチェックも入り、弊社も立ち会い安全を確認します。

JIO 日本住宅保証検査機構

10年の定期訪問サービス~安心の長期保証「安心サポートシステム」

完成・お引渡し後は、3ヶ月・1年・2年・5年・10年の定期訪問サービス(無料)を受けることができます。また、10年・20年の有料メンテナンスを受けることで、瑕疵保証部分(主要構造部)の延長保証(最長30年)を受けることができます。

関連ページ

アフターサポート

お問合せ 資料請求