casa cago(カーサカーゴ)

組み合わせることでつくる平屋

casa cago(カーサカーゴ)は、6畳をひとつのピース(=1cago)として、それを組み合わせて完成させます。例えば、1cagoで個室や寝室に、ふたつつなげてリビングに。また、1cagoだけ独立させて、家の離れとして使うこともできます。
ただの物置と化す部屋や、なぜか使われなくなる部屋はいらない。無駄な空間が生まれやすい2階も必要ない。これからは、本当に必要な空間だけが住まいになる。近年注目されるミニマリストの思想を家に落とし込んだ、自由でオリジナリティーにあふれた住まいです。

手に入れたい暮らしにまっすぐ届く、
組み合わせてつくる住まい。

6畳をどう組み合わせて、家族のライフスタイルに合った住み心地のいい家に仕上げるか。決まった規格のピースを並べ替えるので、オリジナリティーがありながらも家全体には調和が生まれます。さらに、独立したピースは地震の揺れを分散させるため、強い耐震性も兼ね備えているのです。

パブリックゾーンとプライベートゾーンを線引き。

cagoの組み合わせ方次第で、家の中でパブリックゾーンとプラベートゾーンをしっかり線引きすることもできます。例えば、中庭を挟んでLDKと寝室を配置し、LDKには大開口を設け、開放的で外とつながる空間に。寝室は横長のスリット窓を採用することで、採光をしっかり確保しながらも、人の目を気にしなくていいプライベート空間に。工夫次第で、いろんな暮らし方が叶うのも魅力の一つです。

中庭でおうちリゾートや、アウトドアリビングを楽しむ。

人気の高い中庭も、cagoの組み合わせでつくると、より楽しい空間に。
cagoとcagoを屋根でつないでつくる中庭は、半分外で半分中という、いわゆる「中間領域」。心地よさと機能性が両立するその空間は、さまざまな用途に使えます。ソファを置いてセカンドリビングにしてもいいし、バスやジャグジーを設置すれば、自宅でリゾート気分を楽しむこともできます。家にいながら自然をより身近に感じられたり、贅沢な時間を楽しめる自由。それを可能にするのが「casa cago」なのです。

OTHER LINEUP

日興ホームの平屋住宅ラインナップ

広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求