住宅ローン・税金

住宅ローン・税金

家づくりは人生最大のお買い物。その費用は何千万円にもなります。
それだけに十分な資金計画を立てて、家づくりに臨みたいところ。
しかし住宅ローンや税金など、家づくりの費用については分かりづらいことが多いのも確かです。
そこで家づくりの費用にはどんなものがあるのか? 住宅ローンの種類、お得な情報などご紹介します。

家づくりの費用にはどんなものがある?

家づくりの費用は、大きく分けると「購入時に必要となる費用」と「入居後に必要となる費用」になります。必要な費用の内訳を把握したうえで資金計画を立て、しっかり返済できる範囲で「住宅ローン」を組むことが大切です。

購入時に必要となる費用

本体工事費
本体工事費

基礎工事費/木工事費/内装工事費/住宅設備工事費/外装工事費 など

付帯工事費
付帯工事費

測量費・地盤調査費/インフラ工事費(給排水・電気・ガス・電話など)/インテリア工事費(照明・カーテンなど)/外構・造園工事費/基礎補強費(地盤改良など) など

諸経費
付帯工事費

ローン関連の保証・手数料/登記関連費用/各種申請費用/引っ越し費用/地鎮祭・上棟式の費用 など

税金

印紙税/消費税/登録免許税/不動産取得税

入居後に必要となる費用

光熱費
修理・メンテナンス費
リフォーム費
税金

固定資産税/都市計画税/贈与税(資金援助などで贈与された場合)

住宅ローンの金利3タイプ

「住宅ローン」という言葉はよく聞くものの、実はそこまで詳しく知らない・・・という方はいらっしゃいませんか?
実は住宅ローンを受けるうえで知っておかなければいけないのは、「金利」とそのタイプです。住宅ローンは金利によって返済額が大きく異なります。
住宅ローンの金利には、以下の3タイプがあります。

1.全期間固定型

1.全期間固定型

返済期間中は金利が変動しないタイプです。

メリット
事前に決めた金利を固定して返済していくので、返済計画が立てやすい
デメリット
他のタイプに比べて、金利が割高になることが多い
2.変動型

2.変動型

返済期間中に金利が変動するタイプです。

メリット
金利が安くなると有利になる
デメリット
金利が上がると、返済額も高くなる。返済計画も立てにくい
3.固定金利期間選択型

3.固定金利期間選択型

固定型と変動型のメリットを併せ持つタイプです。

メリット
金利が固定される期間を選べる。固定期間中は金利も返済額も変わらない
デメリット
固定期間が終了した時点での金利が適用されるため、割高になる場合もある

最大400万円も控除! 住宅ローン減税とは?

「住宅ローン減税」とは、分かりやすく言えば、家を買うと収めた税金の一部が戻ってくる(控除される)、税制優遇制度です。
具体的には、入居後10年間、住宅ローンの年末残高に応じて「所得税等控除」が受けられます。その最大額は、なんと400万円! 新築一戸建てを検討している方にとっては、ぜひ利用していただきたい制度となっています。

最大控除額(10年間合計) 400万円(40万円×2)※1
控除率・控除期間 1%・10年間
住民税からの控除上限額 13.65万円/年(前年課税所得×7%)
主な要件 ① 床面積が50㎡以上であること
② 借入金の償還期間が10年以上であること
申請 住宅ローンを借入れる者が個人単位で申請する。※世帯単位ではないことに注意

※1 長期優良住宅、低炭素住宅の場合はそれぞれ500万円(平成26年4月~平成29年)。
※消費税が8%の場合の内容です。消費税が10%に引き上げられる(予定の)2019年10月以降は、金額も変わりますのでご注意ください。

住宅ローン減税 控除額の違い

住宅ローン減税 控除額の違い

住宅ローンの仕組みや税制優遇措置などは、難しいようでも家づくりにおいては、ぜひとも知っておいていただきたい、お得な情報でもあります。
家づくりの資金計画について、詳しくは日興ホームまでお気軽にお問合せください。

関連ページ

長期優良住宅

お問合せ 資料請求