広島市の新築住宅は、耐震住宅の知識を豊富に持つ日興ホーム四角が生み出す暮らし

コンセプト 究極のシンプルハウス

casa cube(カーサキューブ)には美しさがあります。
一見、窓のみえない四角い真っ白な外観。
シンプルなデザインはどんな場所に建っても周囲に溶け込み、時間を経ても色あせることがありません。
側面のスリット状に設えてある窓は、昼間は白い塗り壁に映えてスタイリッシュな印象を、夜になると窓から漏れる明かりによって美しさが際立ちます。
casa cube(カーサキューブ)のデザインは、住宅を知り尽くした設計のプロがとことん吟味して設計し、空間の取り方、照明の考え方など、細部にわたって住む人のことを考慮しています。
そのこだわりのディテール、空間デザインが「いごこちの良さ」をつくっています。

I LOVE CUBE

光と陰がもうひとつのcasa cubeを見せてくれる

casa cubeの照明は、照明デザイナーがしっかりとした照明計画を行っています。リビングでは、間接照明で美しいラインを作るなど、照明によってくつろげる空間を演出します。また、昼間は天窓からの採光でとてもあかるいのですが、夜は間接照明でムードある空間となり昼と夜の顔がまるで違う空間であるかのように表情が変わります。「照明は、明るさではなく、暗さをデザインする」というのが基本的な考え方です。

天地に伸びるスリット窓の秘密

1階と2階の窓をつなぐ縦に細長く伸びる板金はデザイン性が高く、casa cubeの大きな特長の一つ。外壁の汚れの原因となる雨だれも目立たせなくさせるという効果もあります。
また、細かなディテールにもこだわり、既成品にはない、8~9mmを実現させるために、オリジナルで窓枠も開発しました。
スリット窓の細さをそのまま映し出す窓枠が部屋全体の美しさを引き出します。

可能性は、いままでできなかったこと全部。

インナーガレージ付きで、リビングから愛車をながめたい。プライベートバルコニーでお酒やお茶など満喫したい。広いウォーキングクローゼットが欲しい。ペットのための部屋をつくりたい。自転車やサーフボードを飾りたい。
などなど、思いっきり膨らませた夢をちゃんと叶えます。