タイトル画像

土地活用Q&A

土地活用Q&A

土地活用について、よくいただくご質問・お問い合わせをまとめてみました。

賃貸経営による土地活用にはどんなメリットがあるのでしょうか?
賃貸経営による土地活用のメリットは以下の通りです。
●様々な節税効果があります。
●長期にわたり家賃収入を得ることができ、安定した収入源を確保できます。
●土地の資産価値を、高めたり維持することができます。
●サービス付き高齢者向け住宅であれば、社会貢献にも寄与することができます。
●良質な住宅ストックを創造することにより、地域貢献にも寄与することができます。
戸建賃貸住宅・アパート経営はどんな節税効果があるのですか?
戸建賃貸住宅・アパート経営は以下の節税効果があります。
●毎年かかる土地の固定資産税・都市計画税の節税効果があります。
●土地・建物の相続税評価額を引き下げ、相続税の節税効果があります。
●債務(ローン等)は長期間必要経費になりますので、所得税の節税効果があります。
●不動産取得税の軽減など、他にも様々な節税効果があります。
賃貸経営は入居者・家賃・建物の管理など、色々と面倒では?
日興ホームでは、賃貸経営を代行すると共に、入居率に関係なく賃料をお支払いする、“30年一括借上システム”をご用意しています。これにより、賃貸経営の面倒な管理業務から解放されると共に、空室による収入低下のリスクもないため、面倒なく安定した収入が望めます。
※貸店舗・貸店舗併用住宅等は対象外です。
賃貸併用住宅・貸店舗併用住宅とはどういったものですか?
住宅に賃貸部分を併設したもので、賃貸部分からの家賃収入を確保することができ、ローン負担を軽減できます。賃貸部分が貸店舗の場合は貸店舗併用住宅になります。
サービス付き高齢者向け住宅とはどういったものですか?
住宅の形態は、高齢者向けのバリアフリー構造などを持ち、高齢者を支援する人的サービスを提供する住宅形態です。
グループホームや有料老人ホームと異なるのは、施設ではなく、あくまで「住宅」である点です。高額な入居一時金は必要なく、一般の賃貸住宅同様の料金で入居できます。
生活の自由度が高く、賃貸借契約で気軽に入居できるというメリットもあります。