飛行機雲

先日、巡回中きれいな飛行機雲を見つけました!

そんなに感性が鋭くもなく、普段は何も思わないですが、

夕方と飛行機雲が何やら、いい感じだなと思い撮ってみました(^O^)

実際どうやって出来ているのかと気になって調べてみました。

以下、引用です。

さて、その飛行機雲。一体どのようにして生まれるのでしょうか? 大まかに分けると、2種類のでき方があります。
まず1つ目は、エンジンから出る排気ガスが作り出す雲です。以前にもお話しましたが、気温は地上から100メートル高くなるごとに、約0.6℃下がります。ですから、飛行機の飛ぶ高度1万メートルでは、地上より約60℃も気温が低く、機内のナビゲーション画面にもあるように、外はマイナス40℃以下の世界になっています。このような状態で、飛行機のエンジンが周囲の空気を吸い込んで、圧縮・燃焼させ、300~600℃となった排気ガスを出すと、その中の水分が急に冷やされて凍り、雲となって白く見えるのです。冬の寒い日に息を吐くと、白くなるのと同じことです。
2つ目は、飛行機の主翼などの後ろに空気の渦ができて、部分的に気圧と気温が下がり、水分が冷やされるためにできる飛行機雲があります。
とはいえ飛行機雲は、そんなに頻繁に見られるわけではありません。飛行機の飛ぶ高さや上空の温度、湿度、空気の流れなどの条件がそろわないと、発生しないのです。

 

らしいです。当たり前ですけど、文章でみると科学的です。そして、よく理解できてません笑

とりあえず、きれいでした笑

IMG_7405
広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求