意外と奥が深い屋根について。

こんにちは。

溝口です。

 

最近、キャンプを始めました。

こんなご時世にキャンプ?と思うかもしれません。

安心してください。ビリーズブートキャンプです。

 

 

今回は、屋根に関して書いていこうと思います!!

ビリーのことは、忘れて下さい。

 

屋根は人間の生活における「シェルター」的な役割を持っています。

雨風をしのぎ、断熱、防音など様々です。

 

日本の住宅における屋根は、気候や風土に合わせて考えられており、

世界的に見ても種類が多く、屋根の形で時代が分かるとも言われています!

 

 

代表的な屋根の形として、切り妻があります。

切り妻は伊勢神宮でも使われており、古来から用いられてた屋根になります。

 

 引用:http://www.isejingu.or.jp/about/architecture/index.html

 

デザイン性も高く、個人的にとても好きな形状です!!

ちなみに、日本建築ではないですが前回紹介したフィンユール邸も切り妻です!!

 

 

そのほかには、寄棟があります。

切り妻が軽い印象を与えるなら、寄棟は重厚感を印象として与えるような気がします。

寄棟は四方向が軒のため、とにかく構造的に強いです!最強です!

その為、風が強い気候の場所に適しています。

寄棟の代表的な建築としては唐招提寺が挙げられ、とても美しい形をしています。

 

引用:https://toshodaiji.jp/about_kondoh.html

 

美しい。。。見とれてうっとりします。

ちなみに、私の先輩、丸石さんは自邸を寄棟で設計されました!素敵です!

 

お寺や神社など訪れた際には屋根にも、ぜひ屋根にも注目してみて下さい!!

お家作りで、屋根の打ち合わせが少しでも楽しくなればと思います!!

 

以上です!

広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求