ヒロシマから世界へ。

どうもどうも。

昨日の6月8日㈯、お仕事をお休みさせて頂いて
広島西区民文化センターで開催された
「こどもピースサミット」に出席してきました。

広島市内の小学校へ通う6年生の児童たちが毎年、
平和への想いを綴った作文を提出します。
その中から選ばれた20名がこのサミットで発表をします。
更にこの20名の中から大賞に選ばれた男女各一名が、
8月6日に行われる平和祈念式典のこども代表として、
平和への誓いを宣言することになっています。
今年は10,914件の応募があったそうです。

驚いたことに、息子がその20名に選ばれました。

5月14日に小学校からの通達でその事を知らされてから
この日まで一生懸命練習を重ねてきました。
僕にも声の抑揚のつけかた、間の取り方や礼の仕方など
普段は興味すらない様なこともたくさん質問してきました。

そして昨日の本番。
緊張しつつも壇上に向かう彼はとても凛としていました。
そして想像以上に素晴らしいスピーチを聴かせてくれました。
20名それぞれの真剣な顔は小学6年生とは思えない程真剣で
それでいて輝いていて、とても感動しました。

全ての生徒の発表が終わり、緊張を隠せず迎えた表彰式。
結果は優秀賞、残念ながら大賞には一歩及びませんでした。
ですが息子も僕たち家族もかけがえのない体験を
させてもらえたことに心から感謝しています。

今後はこども代表が読み上げる平和への誓いの文面を
息子を含めた20名で検討して行くことになります。

被爆3世である僕にとって8月6日は特別な日ですが、
今年はこれまでに以上に特別な日になりそうです。

ではでは。

広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求