なぜやらなければいけないのか?

週末、土日どちらかは少年野球のコーチをやっている有田です。

10月末に所属しているチーム主催の野球大会があるので、

酒まつりが終わったら(まだ始まってもいませんが)

そちらに力を注ぎこむことになります⚾

6年生はほぼ、最後の大きな大会になりますので、私も燃えております♫

 

昨日も練習に参加していたのですが、3年生の選手が素朴な疑問を出してくれました。

 

子供「コーチ、なんで話を聞くときに姿勢をちゃんとしたり、帽子を取って話を聞かんといけんのん?」

 

 

「野球の試合ってポジションによっては1試合で1回か2回ボールが飛んでくるかどうかなんよね~。ほとんどボーっとしとく時間て実はすごい長いんよ。だから、集中して人の話を聞くのも練習なんよ。1試合ずっと集中するのって疲れるじゃん?だからその練習になるんよ。」

 

子供「なるほどね~!わかった、やってみるわ!!」

 

(めちゃめちゃタメ口やん。。と思いましたが、それはまたの機会に。。笑)

 

子供って素直です。

 

「いわれたことをやる」

 

ことはできても

 

「なぜ、それをしないといけないのか」

 

がわからないとやる意味がありません。

 

仕事もそうだな~と感じました。

 

ご提案をさせていただく際に、社員さんに

 

「これも作っといてね」

 

と言ったら作って準備してくれていますが、

 

「こういう理由で使いたいから用意しておいてね」

 

と、言うのでは大きく違いますよね❕

 

私も気を付けないと。。。

 

今日も子供に教えてもらったな~。。☺

 

 

ではでは(^^♪

 

 

 

 

広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求