どうなる住宅ローン金利。

どうもどうも。

ここ数ヶ月、モデルハウスへご来場されるお客さまから
最も多く頂く質問。

「住宅ローンの金利低いんですか」

答えはYESです。
空前の低さです。
フラット35の7月の金利は史上最低。
マイナス金利政策という言葉を聞いて久しいですが
未だその影響も色濃い状態です。

長期金利は-0.3%前後で推移。

chart21

もはや常識では説明しきれないレベルです。
これには英国のEU離脱も大きく影響しています。
世界的に為替の動きに不安定さが見え隠れする中、
安定している日本株の取引が活発になっているのです。

では、今後はどうなるのか。
上がるのか。
下がるのか。

7月28・29日の両日で、日銀の金融政策決定会合が
行われます。
ここで追加の緩和政策が発表されるかどうかが鍵です。

もし仮に具体的な政策が講じられなかったら。
日銀への失望感から金利が上昇する可能性があります。

いずれにしても会合のタイミングからして、8月には
影響は出そうにありません。

9月には影響がでる可能性が高いです。
しかも「住宅ローン金利上昇」の方向で。

要注目です。

ではでは。

広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求