「リフォーム あるある」

進行中の大型リノベーション現場

スケルトン状態にしてから問題発生

構造上 抜けない柱が・・・・・・

虹梁の前に立つ

1本の柱

解体前には確認できておらず
解体してからはじめてわかる 

リフォーム あるある

このまま残すと 大いに間取りに影響するため
なんとか抜きたいのですが、構造上どうしてもなんらかの補強が必要

IMG_4077

そこで出した答えが

別の部分に使ってあった

厚鴨居を利用する案

コレ!(うえの部分)
IMG_4080

この厚鴨居を

虹梁へむけて、火打梁のように渡す計画!

IMG_4180

こうすれば

柱が無くても

お互いの虹梁、壁で持たすことが出来たりします。

昔の家をリフォームする場合にはよくある

リフォーム あるある でした。

広島 ハウスメーカーのお問い合わせ
広島 注文住宅の資料請求